ぐんぐん伸びる求人数。転職市場の動向を見る。

2019年、2020年の転職市場は非常に盛り上がることが予想されます。
パソナグループの転職サイトDODAによると

2019年11月の転職求人倍率は、前月比+0.29ポイントの2.81倍となりました。求人数は前月比102.3%、前年同 月比108.2%となりました。転職希望者数は前月比91.7%、前年同月比107.6%でした。

転職求人倍率の推移

グラフを見ても分かる通り、転職希望者の数を大きく上回る数の求人が出ています。

転職サービスの選択に迷う人も多い

これらから見てもわかる通り、求人の数が非常に増えており、それに伴い転職関連サービスは非常に多く登場しています。

リクルートやマイナビ、パソナグループなどの大手転職サービスの他にも、IndeedやGreeen、ビズリーチなどここ数年大きな勢いで成長中の企業もあります。

この他にも、少数精鋭のヘッドハンティング会社や、ハイクラス向けの転職サービス。女性に特化した転職サービスなど専門性の高さで勝負しているサービスもありますね。

転職ジョブNAVIが一石を投じる。

じゃあ、果たして転職により幸せになっている人が多いのか。

と言うと、そうでも無いのが実情。
「給料は上がったがブラックな環境になった」
「転職後の企業のレベルの高さについていけない」
「希望した職務内容と違う部署になり、毎日が辛い」

そんな声が多く聞かれます。

そこで、

転職ジョブNAVIは各転職エージェントの正確な情報を分析することにより、皆様の転職成功確率を上げるということを指名に動いてまいります。